成功法則

二足のわらじ

——————————————
放置自転車ビジネスセミナー
募集開始されました。

2月22日(木)18:30~ 残席5
セミナーお申込みはこちら
——————————————

中村です。


「おかしいな~」

と思っています。

 

何がおかしいかというと・・・

お金を稼ぎたい!

放置自転車ビジネスに興味がある!

セミナーにも参加したい!

 

でも…

「仕事の休みが合わないので
セミナーに参加できません。」

「東京には行けないので
別の場所で開催してください!」

ひとまとめにすると
「参加者の都合」の話になるのですが、

セミナーに参加したくても
しない人の話しです。

 

正直、こういうことを言われると
毎回微妙な感情に襲われます。

私のメールマガジンに
登録される方の多くは

放置自転車ビジネスや
お金を稼ぐ事に興味を持っている人
のはずなんです。

つまり、

本業とか副業に関係なく…
金額の大小に関係なく…
稼ぐ理由に関係なく…

「お金を稼ぎたい!」

と思っているはずなのです。

だから

「セミナーにも参加したい!」と

思っているはずなのです。

セミナーに参加して

「今の現状を変えたい」とか
「何かヒントをつかみたい」

ということを考えて
興味を持っているはずなのです。

 

それなのに…

なんで?

それなのに…

なぜ、

都合が合わないとか平気で言えるのか?

 

自力でお金を稼ぐということは

違う「わらじ」を履くということなのに

なんで同じ「わらじ」を履いたまま
その常識でいられるの?

 

時間の都合がつかないなら
会社休めばいいじゃん。

風邪ひいたら休むでしょ?

 

お金がない?
お金を稼ぐために1万円使えない人が
どうやってお金を稼ぐの?

 

会社を休んで文句を言われることを嫌って
自分を犠牲にして、

何か違うと思って生きていくの?

 

別に、セミナーに来てください
という話ではなくて

 

何かにチャレンジする時は
痛みが伴うということです。

会社を休んで後ろめたさを感じる痛み

家族に批判されたりする痛み

眠る時間を削る痛み

結果を出すために努力をする痛み

 

その痛みを乗り越えて
次のステージに行けると思うのです。

 

でも、その痛みを嫌っていたら
欲しい未来なんて手に入れられない!

私はそう思うのです。

平日にセミナーがあるから
参加できないな~

ちょっと距離あるから
参加できないな~

ま、また次回あるだろうから
今度でもいいや…

 

本当にそれでいいのですか?

全く興味がないのであれば
それで構いませんが

少しでも放置自転車ビジネスに
興味があるのであれば

痛みを楽しみに変えるくらいの
気持ちでチャレンジして欲しいと思います。

放置自転車ビジネスセミナー
2月22日(木)18:30~ 残席5
放置自転車ビジネスセミナーお申込みはこちら

 

未来は行動でしか変えることはできません。

では。

 

 

お金以上大切な「ある数字」とは

中村です。

先日、約半年ぶりに
放置自転車ビジネスセミナーを
開催しました。

非常に盛り上がり

セミナー参加者の半分以上が
次のステージへ進まれました。

2年ほど前にセミナー受講
された方もおりましたが

「その時と比べて
恐ろしいほど進化している!」

と驚かれていました。

私も、今までにないほど
進化してると思っているので
伝わって嬉しかったです

 

さて、

今年もあっという間に
1月が過ぎようとしています。

去年立てた今年の目標に対して、
きちんと行動していますか?

ぼやっとしていると
すぐ桜の咲く季節に
なってしまいますからね!

 

私は、行動目標を立てた後

時間軸と数字を
とても気にするように
しています。

 

例えば、

6月までに○○をする。

という目標を立てたら、
そこから逆算して
いくのですが、

 

その時に数字に落としていくのです。

数字というと、売上げをメインに
考えていく人が多いですが

お金は結果ですので
お金を中心に追いかけると

一喜一憂したり
判断を間違えてしまう場合が
非常に多くなります。

 

だから、金額目標ではなく
そのお金を生み出す要素を
数字化していくのです。

もちろん金額目標も
立てますが

それ以上に
行動目標を数字化する
という事がとても大切だと
私は思います。

 

簡単な例を挙げると

3か月以内に
100万円の売上げを
立てるとします。

 

しかし、これは「ポンっ」と
立つ数字ではありません。

100万円を売り上げるためには
具体的な行動目標が
必要となります。

それを数字に落としていくのです。

 

一般的なのは、

・何人に購入してもらう必要があるか?

・いつまでに見込み客を何人集めるか?

・見込み客を集めるためには何人にリーチ
する必要があるか?

・そのためには、
いつまでに何をするか?

ということになります。

 

100万円の商品を扱うのであれば
購入してもらう人数は1人です。

1万円の商品であれば
100人の購入者が必要です。

 

とても当たり前の話ですが
売上げばかりに注力すると、

逆算ができずに
具体的な行動を見失うことに
繋がりかねません。

 

100万円は、具体的な行動の結果
手にすることが出来る数字なのです

よく、

「100万円稼ぎたい!」

という人がいますが、

結局、100万円を稼ぐための
具体的な行動が伴わずに
稼げないという人が
ほとんどです。

 

金額の目標を立てるのは

絵に描いた餅なので
はっきり言って簡単です。

その餅を実際に
食べられるようにするのが
具体的な行動目標であり
現実の行動なのです。

 

そのはじめが、
行動目標を数字で表す

という事ではないかと
私は思います。

 

お金を稼ぐ手段がない?

放置自転車ビジネスを
ひとつの手段として考えてみても
面白いと思います。

放置自転車ビジネス詳細はこちら

では。

 

 

大吉を引くおみくじの引き方

今年もよろしくお願いします。

中村です。

初詣でおみくじを
引かれる方が多いと思います。

中村家では、
おみくじのルールがあって

今年もそのルールが
さく裂しました。

 

おみくじを引くとき、
「新年だから大吉出てほしいなー」

という期待感を込めて
おみくじを引くと思うのですが

残念ながら大吉を引けずに

例えば

「うわっ、凶だった~
新年からついてないな~」

と言って、残念がる姿が
何か面白くないな~と思い

 

中村家では

おみくじは
大吉が出るまで引き続ける!

というルールが出来ました。

 

ほとんどの場合

新年早々ちょっと嫌なことがあると

「新年早々ついてないな~」

と言う人を見たことがあると思います。

そんなマイナスの暗示を
自分でかけてしまうくらいなら

気持ちよくしちゃったほうが
良いと思うのですよね。

 

こういう話をすると、

「おみくじの意味ないじゃん!」

という人がいますが、

そもそもおみくじに意味なんてないと
私は思っているので

大吉を引けなかったことで
少しでも心に引っかかりを
持つくらいなら

大吉を引いてスッキリ
したほうが良いと思うのです。

 

おみくじは1度しか引いてはならない
という決まりはありませんし

複数回引いて出た大吉は無効
という決まりもありません。

 

人間は都合がよくできていて
最終的に大吉を引くと

その前に何を引いていたか
忘れてしまいますし

結果的に大吉を引いたというのが
頭に残る物です。

 

大吉以外を引いたことで
気を引きしめるという人も
いるかもしれませんが

多くの人は
新年は気を引き締めているのでは
ないかと思うので

もう少し肩の力を抜いて
気持ちよく行ければいいと
思うのです(笑)

 

ということで、

気持ちよく
今年もよろしくお願いします。