スモールビジネスマーケティング

リストマーケティングを実践できないそもそもの理由

中村です。

リストマーケティングが重要
だという事は分かるのですが、

見込み客リストを取るために
何をすればいいのかわかりません。

どうすればいいですか?」

結構前からこういった質問を
いくつか受けていました。

リストマーケティングとは

・見込み客リストを集めて
・見込み客を育て
・商品やサービスを提供する

とても効果の高い、

すでに多くの結果をもたらしている
今やビジネスを行う上で
絶対に無視できない手法なのですが

・Webサイトやチラシを準備したり
・プレゼントを用意したり
・文章を書いたり
・広告を出したり
・ノウハウをマスターしたり

リストを集めるためには
色々とやる事が多いため

実際にやろうとすると
ハードルは高いという人が
多いのも事実です。

最近も、リストマーケティングを
スタートするにあたり
相談を受けたのですが

その方も、

「実践したいがハードルが高い」

感じられていました。

何にハードルを感じているかを
聞いていったところ

1、WEBサイトなどの媒体を用意する
2、リストを集めるためのプレゼントを用意する

という事に、
ハードルを感じていたのです。

もちろん、具体的なやり方を
知りたいというのはありましたが

やり方の前に、
WEBサイトやプレゼントといった

「形のあるもを作れない」

という事が、

実践するためのハードルを
高めているという事だったのです!

私は、15年ほど前から
リストマーケティングを
フル活用して結果を出してきたので

当たり前ですが、
具体的なノウハウを持っています。

ですので、そのノウハウを
お伝えしようと思っていたのですが、

ノウハウ以前の問題
形にすることが出来ないという
ハードルがあることが分かったのです。

 

この話を聞いて、もしかしたら
WEBサイト、チラシ、プレゼント等

形のあるものを作れずに
もどかしい思いをしている人が
実は多いのではないか?

と考えました。

そこで、

・弊社でコンテンツ配信用の
【WEBサイトを準備】

・見込み客リストを集めるための
【プレゼントを一緒に作成する】

・そこに私が稼ぎ出してきた
【リストマーケティングノウハウの提供】

といったサービスを提供できれば
多くの人に喜ばれるのではないか?

と思ったのです。

 

WEBサイトの準備などあるので
お金の投資は必要になりますが

これらをパッケージングにして提供し
あなたのビジネスを飛躍させる!

という事です。

そこでちょっと
このパッケージに関して

アンケートに協力して欲しいのです。

あなたの意見をクリックで教えて下さい。

クリックしていただくと、
私が公開しているコンテンツ配信の
WEBサイトに飛びます。

⇒ こんなWEBサイトを構築できます。

では、アンケートです。
意見をお聞かせください。

アンケートは終了しました
協力ありがとうございました!

もし、

今すぐにでも実践したいので
相談に乗って欲しいという方

こちらをクリックしてご連絡ください。

では。

 

 

スモールビジネスのポジショニング戦略

中村です。

良くも悪くも
人はレッテルを貼りたがる生き物です。

そのレッテルをうまく利用することで
ビジネスを優位に進めることが出来ると
するなら、興味はありませんか?

・セグメンテーション(Segmentation)
・ターゲティング(Targeting)
・ポジショニング(Positioning)

マーケティング用語では、
これらの3つの頭文字をとって
STPと呼びます。

かなりざっくりですが、
STPを私なりの言葉で要約すると…

「セグメンテーションとは、
市場を細分化すること。」

「ターゲティングとは、
どこ・誰・何を狙うかを明確にすること。」

「ポジショニングとは、
どう見られるか(どう見せるか)を
作り上げること。」

あくまで私なりの捉え方なので、
マーケティングを勉強してきた人から見れば、
物足りなく感じられるかもしれませんが、

このくらいざっくりした感じで
理解しておいていただければ、
スモールビジネスの現場では
十分役に立つと思います。

このSTPに関しては、

私の新刊、
あと3ヵ月でどうにかお金を稼ぎたいと思ったらスモールビジネス戦略だ!
の中で少し触れているのですが、

その中でも

「ポジショニングとは、
どう見られるか(どう見せるか)を
作り上げること。」

というポイントを忘れてはいけません。

ここからは本書で触れることが
出来なかったのですが、

セグメンテーションや
ターゲティングというのは

すでに潜在的な要素を
掘り起こしたりしていくことで
顕在化させていくことが可能です。

それに対して、ポジショニングとは
自分で作り上げることが出来る要素です。

ターゲットに対して、
自分をどう認識してもらうか?

どう認識してもらうことで
商売を進めやすくなるのか?

ということを突き詰めていくのです。

この時の考え方としては、

1、自分がなりたいポジション
2、お客さんが求めているポジション

という2つの視点で考えると
とても考えやすいと思います。

商売を考えた時には
後者の方が結果を出しやすいと思いますし

最終的には、
お客さんが求めているポジションで
ポジショニングを取って行くと
自分がなりたいポジションにたどり着く
と私は考えています。

もう一度言いますが、

良くも悪くも
人はレッテルを貼りたがる生き物です。

レッテルを貼りたがるという事が
分かっているのであれば、

貼って欲しいレッテルを
自分で貼ってしまえばいいのです。

あなたのレッテルは何ですか?

では。

本日の引用書籍

あと3ヵ月でどうにかお金を稼ぎたいと思ったらスモールビジネス戦略だ!