美女とブ男のその後

中村です。

今、銀座のスタバにいるのですが

服装もパッとしない
雰囲気も何だかモッサリ…

顔もお世辞にも良いとは
言えない男性が

芸能人やモデルのように
スタイルもスラっとして、

かなり美人の女性を連れて
入ってきました。

歩き方やたたずまいは
自信にあふれている雰囲気を
出しているので

きちんと自分の魅力に気づいている
女性なのでしょう。

「そんな女性を連れて歩くなんて
この男性やるな~」

と思って見ていたのですが

男性の手には
高級ブランドを含む買い物袋が4つほど…

ディオール、ティファニー
あと2つはちょっと確認できず。

でもブランドの様です。

「あれ?やられてる方か?」

もう私の目は二人にくぎ付けです(笑)

二人は席を確保すると

女性はスタスタとレジに向かい
ドリンクを注文しています。

「あれ?
お金はどうするんだろう?」

と思いながら、
男性を見てみると

恐らく今日購入したであろう
レシートのいくつかを
おもむろに、ながめています。

 

その後ろ姿は
とても悲しそうです…

 

そのレシートを
そっと財布にしまい込んだところで

ドリンクを手にした女性が
席に戻ってきました。

 

女性が席に腰を掛けたところで
幽霊よりも静かに

そしてなぜか申し訳なさそうに
そろそろ~っとドリンク代1000円を
差し出す男性…

 

女性は受け取るのか?

受け取らないのか?

 

なんと…

 

女性は…

 

スマホをいじり出しました(笑)

 

完全に男性の負けですね…

東京って怖いな~

 

でも、完全に負けている男性でも
こうやって女性を連れ出すことに
成功している事実は事実です。

今の所、男性に脈はなさそうですが
行動に移してチャレンジしなければ
いつまでも可能性はゼロのままです。

何もせずに負けを認めるか
チャレンジして結果を受け入れるか

この差は計り知れないほど
大きなものだと思います。

 

今、放置自転車ビジネスの個別相談の
申込みが入ってきています。

興味があるが、情報を待つだけの人
興味があるから、自ら情報を取りに行く人

この差はとても大きいのではないでしょうか?

 

実際、相談に来た人にだけ
今後の新パートナー制度の全容を
お伝えしているので

その差はとてつもなく大きいと思います。

放置自転車ビジネスに興味のある人は
⇒こちらより個別相談をお申込み下さい。

相当内容が濃いので
電話相談よりも面談されることをお勧めします。

あー、ちなみに
ドリンク代1000円の行方は…

男性の財布に戻りました。

女性の良心なのか作戦なのかは
わかりませんが

ドリンクは女性のおごりとなりました。

女性の良心であれば、
まだ男性には希望があるかもしれませんね(笑)

その女性との希望の先は
絶望かもしれませんが…

放置自転車ビジネスに興味のある人は
⇒こちらより個別相談をお申込み下さい。

では。