読んだ本

整理が原因で1000万円の売上げが飛びました

中村です。

 

物探しに費やす時間って
年間どのくらいかご存知ですか?

書類を探したり
パソコンのデータを探したり

その手間や時間が
本当にムカつきます。

しかも、探していたものが
見つからなかった時の
失望感と言ったら…

結果的に買えば解決する
紛失物であれば、まだいいのですが
(それでもムカつきますが…)

重要な書類の紛失は
シャレになりません。

 

あまり大きな声では言えませんが
整理をきちんとできなかったことが原因で
1000万円の売り上げをすっ飛ばしてしまいました。

書類の整理を怠った

書類不備などのトラブルが発生

ある取引先との取引が停止

1000万円の売上げがゼロ

となりました。

 

整理ができていなかったとこで
直接的に被害が拡大!

私たちも痛手ですが
周りの方たちにも
迷惑が掛かってしまったのです。

 

それほど整理整頓というのは
重要なことなのですが

日々の生活の中では
身の回りの整理というのは
結構おろそかになっている人が
多いのではないでしょうか?

特に男性は書類の整理など
苦手な人が多いと思います。

私も得意な方ではありませんが
ばっちり解決策が見つかりました!

それがこの本です。

⇒ 事務ミスがない人の図解整理術

アナログの整理術をはじめ
デジタルの整理術まで
図解で教えてくれているのですが

特に私がすぐに活用できると
すでに実践したのは

入り口から出口を考えた
整理の仕方です。

「入り口が決まっていないから
書類が煩雑になる。」

確かにその通りで、
この解決策を知るだけでも
間違いなく整理が楽になります。

もっと早くこの本を読んでいれば
1000万円の損失は防げたかも!

「整理は大事だと思うけど
何となくできているからいいや」

という人は、

一度1000万円の売り上げを
すっ飛ばしてみるといいです(笑)

間違いなくあの時整理しておけばよかった!
と思いますからww

とんでもないミスをして
後悔するくらいなら
読んでおいた方がいいです。

⇒ 事務ミスがない人の図解整理術

そうそう、

探し物に年間どのくらいの時間を
費やしているか?

という質問の答えは

「約150時間!」

統計では年間150時間以上
物探しに時間を費やしている
とのことです!

1日の労働時間を8時間とすると
約19日も探し物をしているそうです!

従業員を抱えている方なら
丸々1か月分の給料を
物探しのために払っている
ということになります!

これはこれで
またムカつきます(笑)

たった1300円で
無駄な1か月の給料数十万円を
削減できるのであれば安い買い物ですし

19日間という無駄な時間を
1300円で解決できるのであれば
精神衛生上、非常に良いと思いますww

オダギリ展子:著(三笠書房)
⇒ 事務ミスがない人の図解整理術

では。

 

 

「ぼんやり」を言語化するヒットの法則

中村です。

いま、ベストセラーになっている
こちらの書籍

私も先日購入して読みました。

今色々と話題の
西野 亮廣氏の書籍

なども含め

今までの価値基準を
変えていくような内容の本が
支持を受けているという現実

受け止めておくことは
必要だと思います。

実際私も世の中の価値基準が
どんどん変わってきていると
感じていますし、

多くの方がぼんやりと
変わってきていることを
感じているからこそ
支持を受けていると思うのです。

そしてその「ぼんやり」を
言語化してくれる
一冊ではないかと思います。

内容に関しては
その人によって受け取り方が
変わってきますし

その人の環境やレベルによって
どう生かしていくかも
変わってくるのですが

社会の空気のようなものを
読み解くことが出来ると
私は思います。

そして

私の頭の中にある
「ぼんやり」を
言語化してくれたことで

また新たなアイデアが溢れ
進んでいる方向は間違っていないなと
確認することも出来た一冊でした。

色々なベストセラーを見ると

人が何となくぼんやりと
感じていることを
言語化してくれる物って
多くの支持を受ける傾向がある
思います。

お金2.0 新しい経済のルールと生き方

革命のファンファーレ現代のお金と広告

では。