二足のわらじ

二足のわらじ

——————————————
放置自転車ビジネスセミナー
募集開始されました。

2月22日(木)18:30~ 残席5
セミナーお申込みはこちら
——————————————

中村です。


「おかしいな~」

と思っています。

 

何がおかしいかというと・・・

お金を稼ぎたい!

放置自転車ビジネスに興味がある!

セミナーにも参加したい!

 

でも…

「仕事の休みが合わないので
セミナーに参加できません。」

「東京には行けないので
別の場所で開催してください!」

ひとまとめにすると
「参加者の都合」の話になるのですが、

セミナーに参加したくても
しない人の話しです。

 

正直、こういうことを言われると
毎回微妙な感情に襲われます。

私のメールマガジンに
登録される方の多くは

放置自転車ビジネスや
お金を稼ぐ事に興味を持っている人
のはずなんです。

つまり、

本業とか副業に関係なく…
金額の大小に関係なく…
稼ぐ理由に関係なく…

「お金を稼ぎたい!」

と思っているはずなのです。

だから

「セミナーにも参加したい!」と

思っているはずなのです。

セミナーに参加して

「今の現状を変えたい」とか
「何かヒントをつかみたい」

ということを考えて
興味を持っているはずなのです。

 

それなのに…

なんで?

それなのに…

なぜ、

都合が合わないとか平気で言えるのか?

 

自力でお金を稼ぐということは

違う「わらじ」を履くということなのに

なんで同じ「わらじ」を履いたまま
その常識でいられるの?

 

時間の都合がつかないなら
会社休めばいいじゃん。

風邪ひいたら休むでしょ?

 

お金がない?
お金を稼ぐために1万円使えない人が
どうやってお金を稼ぐの?

 

会社を休んで文句を言われることを嫌って
自分を犠牲にして、

何か違うと思って生きていくの?

 

別に、セミナーに来てください
という話ではなくて

 

何かにチャレンジする時は
痛みが伴うということです。

会社を休んで後ろめたさを感じる痛み

家族に批判されたりする痛み

眠る時間を削る痛み

結果を出すために努力をする痛み

 

その痛みを乗り越えて
次のステージに行けると思うのです。

 

でも、その痛みを嫌っていたら
欲しい未来なんて手に入れられない!

私はそう思うのです。

平日にセミナーがあるから
参加できないな~

ちょっと距離あるから
参加できないな~

ま、また次回あるだろうから
今度でもいいや…

 

本当にそれでいいのですか?

全く興味がないのであれば
それで構いませんが

少しでも放置自転車ビジネスに
興味があるのであれば

痛みを楽しみに変えるくらいの
気持ちでチャレンジして欲しいと思います。

放置自転車ビジネスセミナー
2月22日(木)18:30~ 残席5
放置自転車ビジネスセミナーお申込みはこちら

 

未来は行動でしか変えることはできません。

では。