閑散期に振り回されないために

閑散期に振り回されないために

中村です。

ビジネスをしていたら、
どのような業種でも

売上げの浮き沈みはあります。

繁忙期・閑散期といわれるように、
商品・サービスが売れやすい時期と
そうでない時期があるのです。

売れにくい時期に無理やり
売上げをつくろうとすれば

セールなどを実施することが
当たり前となっている人が
いるかもしれませんが

価格競争に陥るのは、
よいことではありません。

スモールビジネスでは、
繁忙期と閑散期を
どうマネジメントするべきか?

ブログでまとめたので
その解決策を確認ください。

スモールビジネスだからできる閑散期の利益の出し方

スモールビジネスでは、
売れる時期と売れない時期を
どうマネジメントするかも重要です。

私の着物リサイクル店は、
夏などは売れにくい時期です。

夏は浴衣が売れる時期なので、
ある一面から見れば、

夏場は稼ぎどきと
考えられるかもしれませんが、

大手量販店でも浴衣を
取り扱うことを考えると、

そこにわざわざ
在庫のリスクを抱えて
商品を仕入れ、

無理にガチンコ勝負する理由はない
というのが私の経営判断です。

では一体どうするのか?

ブログでまとめたので
その解決策を確認ください。

スモールビジネスだからできる閑散期の利益の出し方

あなたのビジネスに役に立てば
嬉しい限りです。

では。